導入状況の推移

テレワークの導入状況

下図はテレワークを導入している企業の推移です。若干の上下がありますが、おおむね増加傾向にあります。特に平成29年から30年にかけては、大幅な増加です。テレワーク相談センターにも企業からの相談件数が急増しており、テレワークへの関心の高まりが実感されます。

2019年のテレワークデイズには2887団体(前年比+1205団体)もの参加があり、今後ますますテレワーク導入企業は増加することが予測できます。

企業におけるテレワーク導入状況の推移

出典:総務省「通信利用動向調査」(平成23年~30年)

※テレワークデイズとは、東京大会開催期間中の交通混雑緩和と、全国的なテレワークという働き方の定着を目的とした、テレワークの一斉実施を呼びかける国民運動のこと。2017年から、東京大会の開会式である7月24日を「テレワーク・デイ」とし、テレワークの一斉実施を呼び掛けています。2017年は約950団体、6.3万人、2018年は1,682団体、30万人以上が参加しました。