テレワーク中に、部下がサボるのではないかと心配です

多くの管理職が部下に在宅勤務させるとサボるのではないかと心配しています。しかし、大多数の企業の在宅勤務実施後のレビューでは、ほとんどの社員が普段以上に仕事に集中し、アウトプットを出しているという結果が出ています。

テレワークする社員は、自分がサボっていないことを理解してもらうために、普段以上にアウトプットを出そうとしがちです。電話や話しかけが少ないため集中できて、結果として成果が上がるということがあります。しかし、あまり成果を求めすぎると、「テレワークはしんどい」という意識につながりかねません。「オフィス勤務と変わらない程度の成果が出ていれば良い」という方が部下も気楽に在宅勤務しやすいと思います。

どうしても部下のサボりが心配な場合は、Web会議システムなどで、常時接続するという方法もあります。ただし、一方的な接続だと監視されているという意識になります。オフィス側の状態も見えるようにすることが必要です。

さらに、アプリケーションソフトで勤務状態を把握することも可能です。例えば、どのような画面を見ていたかをランダムにキャプチャーして上司が後で見ることができるソフトもあります。また、パソコンに顔を認証させて、その人がパソコンの前にどれくらいの時間いたかを計測するソフトもあります。これらのソフトを使えば、サボりの抑止効果はありますが、社員の理解を得ることが必要です。