テレワークには、シンクライアントが有効だと聞きましたが、シンクライアントとは何ですか?

クラウドとは正式にはクラウドコンピューティング(Cloud Computing)といい、インターネットを通じてネットワーク上にあるさまざまなサービスを利用してコンピュータ処理をするITの利用形態のことで、ネットワークを雲に見立て「クラウド」と呼ばれています。ユーザは利用しているサービスがネットワーク上のどこにあるのかを意識する必要はありません。

クラウドコンピューティングで提供されているサービスで、よく利用されているのは電子メール、スケジュール管理、グループウエア、販売・顧客管理、経理処理、データファイル等の保管をするデータストレージ等があげられます。無料で利用できるものから、利用者(クライアント)一人当たりの料金が決められているもの、データ量や処理量によって課金されるもの等料金システムもさまざまです。

クラウドコンピューティングを利用するメリットとしては(1)自社内にサーバやデータセンターを持つ必要がなくなり、コスト削減が可能となる、(2)自社でソフトウエアの開発等を行う必要がなくなるケースや、ソフトウエアのバージョン管理等をする必要がなくなるため、コスト削減ができる、といった利点があげられます。

テレワーク等を行う上で、ネットワーク環境が整っていればいつでも必要なアプリケーションにアクセスでき、様々な処理を行うことが可能なため、テレワーク向きの仕組みであるといえます。

データファイル等をサービス提供事業者のサーバ上におくことになるため、情報漏えい等セキュリティに対する不安があるとの意見もありますが、既に多くの企業がクラウドコンピューティングを活用していますので、信頼できるサービス提供事業者を選定すること等でこうした問題点や不安は払拭することができると言えます。