テレワーク時に使用するパソコンによる情報漏えいを防止するための対策として、どのようなものがありますか。

情報セキュリティの確保に対する関心が高まっている中で、テレワークを行っている企業の多くは、プライベート用のパソコンの使用を禁止しています。個人情報の漏えいや会社の機密情報を取り扱うため、テレワーク時のパソコンの取り扱いは十分に注意を払う必要があります。

最近では、ハードディスク等の記憶装置を持たずに、全てオフィスに設置されているサーバで処理・保存するようなシンクライアントパソコンも発売されており、これらを利用する企業も増えています。USBを利用するメモリ等は紛失の可能性が高いメディアでもあり、紛失事故を防止するためにUSBメモリの使用を禁止する企業もあります。

自宅に仕事用のパソコンを持ち帰った際には、家族が操作することがないよう注意を払うことも必要です。多くの会社では二重三重のパスワードを掛ける、ハードディスクを暗号化する等の対策を実施しています。