(問5)テレワークを導入する場合、人事評価制度を変更する必要がありますか。

(答5)
 人事評価は、企業が労働者に対してどのような働きを求め、どう処遇に反映するかといった観点から、企業がその手法を工夫して、適切に実施することが基本であり、テレワークを行っているか、出社しているかによって変わるものではありません。
 テレワークを導入する場合に、人事評価制度の変更は必ずしも必要ありませんが、テレワークを行う場合の人事評価方法を、出社の場合の評価方法と区別する際は、誰もがテレワークを行えるようにすることの妨げにならないように留意しつつ設定することが重要です。また、労働者に対してその取扱いの内容について説明を行うことが望ましいです。

 なお、日本の多くの企業では、テレワークの場合とオフィスに出社して勤務する場合で人事評価に区別は設けられていません。