テレワークを導入する場合、労災保険は適用できますか。

テレワークをする人にも、通常の従業員と同様に労災保険法が適用されます。業務上災害と認定されるためには、業務遂行性と業務起因性の2つの要件を満たさなければなりません。 業務遂行性とは「労働者が労働契約に基づいて事業主の支配 […]

もっと読む >

テレワークを実施すると、人事評価で不利益になるのではないかと心配です。

テレワークを導入した際に、上長が仕事の結果を適切に評価してくれるかどうかは課題に上がる事が多く、テレワークの導入を躊躇している企業も、この点を理由にあげることが多いです。目に見えない部下の仕事を評価するためには、上長も業 […]

もっと読む >

テレワークを導入する場合、人事評価制度を変更する必要がありますか。

テレワークのうち在宅勤務制度は、日本では週に1、2日程度の在宅勤務で、会社で働く時間のほうが長いこともあり、従来通りの人事評価制度を適用しているところがほとんどです。 また、テレワークのうちモバイルワーク等は、会社で働く […]

もっと読む >

テレワークを導入する場合、労働時間の管理をどのようにしていますか。

テレワーク勤務者から始業時・終業時にメールや電話で上長に連絡し、労働時間を管理する方法をとる企業は多くあります。また、実際に業務を遂行している場面を、実際に確認しているわけではありませんので、その際の業務内容について、終 […]

もっと読む >

テレワークを導入する場合、必ず事業場外みなし労働時間制を導入する必要はありますか。

テレワークは全ての労働時間制を適用でき、必ずしも事業場外みなし労働時間制を導入する必要はありません。パソコン等の情報通信機器を活用して在宅勤務を実施する場合、在宅勤務者の労働時間を算定することが可能である場合には、通常の […]

もっと読む >

テレワークのうち在宅勤務を導入する場合、労働契約や就業規則を見直す必要はありますか。

従業員の採用時に在宅勤務制度があることを労働条件通知書や就業規則の規程等で明示し、その合意があれば、通常の勤務から在宅勤務へ業務命令として変更が可能ですが、今回初めて在宅勤務を導入する企業は、従業員の採用時に在宅勤務に関 […]

もっと読む >